Play-to-earn

Play-to-earnとは?

play-to-earnとはの画像

ついに私たちが待ち望んでいた、ゲームが仕事になる時代がやってきました。

それも、プロゲーマーや動画配信者でもない方法です。

Play-to-earn(プレイトゥアーン)によって、ゲームで遊ぶことで現実で価値を持つアイテムを手に入れることができるようになりました。

昔からゲーム内の通貨やアイテムのやり取りは行われていましたが、不正や改ざんの可能性が常にありました。

しかし、それらを防ぐ仕組みが、ブロックチェーン技術によりもたらされたのです。

現在、世界で人気を集めているNFTゲームの「Axie Infinity」は世界中でプレイされ、毎日200万人以上のユーザーがプレイしています。

物価の安いフィリピンでは、Play-to-earnを主な収入源として、仕事にしている人も少なくありません。

Yurukプロジェクトでは、この新しい技術を生かし、誰もがゆるく働ける環境をつくっています。

Play-to-earnの欠点のYurukの解決

ゲームを遊ぶだけでお金が手に入るPlay-to-earnにも欠点があります。

それは、始めるのに現実のお金が必要だということです。

NFTゲームは、NFTと呼ばれるアイテムやキャラクターを使うことでゲームを遊ぶことができます。

そのため、Yurukでは、自分たちでNFTを買い集め、やりたい人に貸し出す方式をとることにしました。

この仕組みは既に世界で広がりを見せており、スカラーシップ契約と呼ばれています。

これで、初期費用をかけることなく、 Play-to-earn することができるようになります。

また、本来必要である暗号資産やブロックチェーンに関する知識がなくてもできるようにしています。

ゲーム内で手に入れたアイテムはYuruk運営側で買い取る形にしているため、暗号資産の売買で頭を悩ませることはありません。

そんなPlay-to-earnは、今後ますます勢いをもって世間に広まっていくことと予想されます。

あなたの日常にゲームがもっと近づくとも時間の問題かもしれません。

タイトルとURLをコピーしました